★ 前のページに ★

トップページ  < 現在地 常設講座

☆ スマートフォン講習会

★シニアのためのスマートフォン ★ 開催中!
月ごとに 開催場所が変わります

スマホサロン 開催会場

 5月
終了
基山町
( きやまんふれあいセンター )
基山町福祉交流館
 6月
終了
鳥栖市
基里まちづくり推進センター
 7月
終了
みやき町
( コミュニティーセンター )
こすもす館
 8月
終了
佐賀市
佐賀商工ビル 市民活動プラザ
 9月
終了
多久市
あいぱれっと(多久駅横)
10月
終了
有田町
有田町生涯学習センター
11月
終了
武雄市
ひだまりOKKO堂
12月
終了
嬉野市中央公民館
(塩田公民館)
 8日 15日 22日
28年
 1月
終了
佐賀商工ビル
 13日 19日 26日
 2月 みやき町こすもす館
 9日 16日 23日

2000年前の種子から育ったハスの花(吉野ケ里)

《 佐賀の知識 》

佐賀県は古くから『有田焼』が“焼き物の里”として全国的に有名ですが
歴史の面では“弥生時代の遺構”として見つかった『吉野ケ里遺跡』もまた、規模的な面で全国的に注目を集めています。

左上の写真はこの遺跡で出土したものを参考に織られた布製品で、紫色や茜色で染められた絹織物の“繊維”が、かめ棺(弥生時代の棺おけ)の弥生人骨等に付着したり、あるいは切れ端だけで見つかったりしています。 草木や貝紫と呼ばれる巻貝(紅花・アカニシなど)を使って染めた織物です。
このことから、当時の特権階級(?)の人たちは思ったよりもカラフルな色の服を着ていたかも...

これらは【吉野ヶ里歴史公園】の中にある『古代植物館』に展示しています。
  ちなみに写真の手前にある道具は、 復元されたはた織り機です。